SNSフォロー
psytechlaboをフォローする

30歳FX初心者が知っておくべきFXの仕組み

FX
Data protection concept. Access to the information in computer. Business digital data under the password. Isolated flat vector illustration

 「FXに興味はあるけど、よく分からない…」

「勉強しようと思ったけど、専門用語が難しくて挫折した…」

こういった疑問を解決する記事になっております。

FXってなに?

FXとは「Foreign Exchange(フォーリン エクスチェンジ)」、日本語で言うと「外国為替取引」または「外国為替証拠金取引」という意味です。

簡単にいうと、種類の異なるお金の価値の差を利用して儲けようということですね。

これだけ聞いているとなんだか難しそうに感じるかもしれませんが、海外旅行でアメリカに行ってお買い物する時に、日本円をアメリカで使うためのドルに交換しますよね。

これも「外国為替取引」です。

株と同じように、利益を出す目的で外国為替取引に投資するのがFXになります。

FXってどうやって稼ぐの?

さっき、FXというのは、「種類の異なるお金の価値の差を利用して儲けること」と説明しました。では、どうすればFXで利益が出るのでしょうか。

ここで重要になるのは「お金の価値は日々変わっている」ということです。

みなさんもニュースで「現在の為替相場は1ドル105円です」などと聞いたことがありませんか?

 これは、「今日は105円と1ドルを交換できる」という意味です。

この「為替レート」は、経済状況などによって毎日変わり続けていて、今日は105円だったものが翌週は100円に、さらに、1ヵ月後には110円になるなど、上がったり下がったりします。

FXというのは、この価値の変化を利用した差額で利益を出していく方法です。

例えば、相場が1ドル100円の時に1ドルを手に入れようとしたら、その人は100円支払うことになります。そして、次の日に相場が「1ドルが105円」になっていたとします。

あなたが持っている1ドルはアメリカでは同じ1ドルですが、日本円に交換する時の価値が100円から105円に変わりました。

この1ドルをもう一度日本円に交換するとどうなるでしょうか?

今、手元にある1ドルは105円の価値になっているので、1ドルを日本円と交換すると、手元には105円が戻ってくることになります。

つまり、ドルに交換した時の100円が105円になり、5円の利益が出たことになります。

これを繰り返していくのがFXです。

FXの取引は、昔話の「わらしべ長者」に似ているかもしれません。

自分にとってはそれほど価値のないものでも、それ以上の価値を感じる人と交換し続けることで最後には立派な屋敷になる、というお話ですね。

皆さんも長い目で、最後は大きな家でも買えたらいいなと思っておきましょう。

FXで大きく稼ぐには?

FXで大きな利益を出す方法は簡単です。

先ほどの例で考えると、最初に使った100円を100万円にすれば、5円だった利益が同じ一度の取引で1万倍、つまり、5万円の利益になります。

しかし、現実はそう簡単ではなく、すぐに100万円を用意することはできません。

では、FXとは元々お金に余裕を持っている人しかできないものなのでしょうか?

いいえ、それも違います。

ここで活躍するのが「レバレッジ」という制度です。

FXの取引にはFX会社を経由するのですが、この制度では、最初にFX会社に預けた「証拠金」と呼ばれる元手の最大25倍のお金で取引できるようになります。

つまり、100万円分の運用には証拠金4万円があればいいということになりますね。

このレバレッジには利息などはなく、使用料もかからないので少額から大きな金額の取引が出来ます。

ところが、ここからが気を付けなければいけない部分で、みなさんが気になっている

「なぜFXで破産するのか」ということに繋がります。

さきほど、レバレッジの利用には使用料は必要ないと言いました。

しかし、取引の中で生まれたマイナスの額が最初に預けた証拠金よりも大きくなった場合には、立て替えてくれているFX会社に足りない分を返す必要があります。

FXで借金を抱えてしまう人がいるのは、「最初に預けた証拠金よりもマイナスが大きくなった」ということがあるからです。

ですが、こういったことは非常に稀です。

高い倍率で欲張った結果、マイナスが何倍にもなってしまったということです。

例えば、5万円の保証金で10万円分のドルを取引した場合には、「1ドル=100円」が「1ドル=50円」まで下がらない限り借金は発生しません。

これはドル最安記録のリーマンショックで「1ドル=77.54円」なので、この倍率で借金する時はきっとアメリカの経済が破綻するぐらいの話ですね。

 他にも、「ロスカット」という、自動で損失を防ぐ機能もあるので、FX会社側も何重にも借金対策をしています。

上級者になるまでは、高い倍率での取引には慎重になりましょう。

初心者には、「トレーダー監視型のFX自動売買システム」という、少ないリスクで取引ができるツールがあります。ぜひ覚えておいてくださいね。

まとめ

・FXとは種類の異なるお金の価値の差で利益を出す投資

・レバレッジ制度で少額から始められる

・初心者は高い倍率での取引は慎重に行う

コメント

タイトルとURLをコピーしました