SNSフォロー
psytechlaboをフォローする

初心者が悩むFXと株とどっちがいいの?

FX

これから投資を始めてみたいという方で、最初に悩むのが何を始めていいか。だと思います。

「投資を始めようと思っているけど、株とFXどちらがオススメなの?」

「株とFXの違いがよくわからない」

という方は多いと思います。

どちらがいいのかを詳しく説明していきますので

株とFXの違い、そしてどちらが初心者に向いているのかしっかり理解できますよ。

初心者が悩むFXと株とどっちがいいの?

株とFXは、どちらが初心者に向いているのでしょうか。

結論は、FXの方が初心者に向いています

理由は次のようなものです。

  • 投資する対象の数が少ない
  • 勉強する範囲が狭くてすむ
  • 取引できる時間が長い
  • 始める為の資金が少なくて済む

それぞれ解説していきます

FXが初心者に向いている理由① 投資する対象の数が少ない

FXの投資対象は、世界各国の通貨の組み合わせです。一方、株は、企業に対して投資することになります。

数としては、FXは一般的には50種ほど、それに比べて株は、国内だけでも3500以上もの

数になります。

数だけを見ても圧倒的に株の方が多く、その分、投資先の判断に迷うことも多いでしょう。

投資の初心者にとって、「どこに投資するか」という判断をすることは、かなりハードルの高い行為です。

そういった意味で、FXの場合は、株と比べて投資対象の数も少なく、初心者に向いている投資手法といえます。

FXが初心者に向いている理由② 勉強する範囲が狭くてすむ

投資で勝ち続けるには勉強が不可欠です。

FXでも、経済、政治などの勉強が、ある程度必要になりますが、

株の場合は、それに加えて、企業の情報を分析するための会計知識なども必要になってきます。

何か資格を取ろうとしたときに、勉強範囲が広いと、やる前からげんなりしてしまいますよね。

それと同じで、これから投資を始める方にとっては、比較的勉強範囲が狭くて済むFXの方がオススメといえます。

FXが初心者に向いている理由③ 取引できる時間が長い

FXは原則として平日24時間、取引が可能です。

株の場合は、通常平日9時から11時半、12時半から15時までとFXに比べて短めです。

これから投資を始める方の中で、いきなり「投資だけでお金を稼ごう」という人は少ないと思います。

ほとんどの場合は、何かお仕事をしながら投資を始めることになると思いますが、

日中にお仕事をしている方は、勤務時間と株の取引時間が重なってしまうことになるので、取引を行うこと自体、難しくなります。

比較的、自由な時間に取引を行えるFXの方が、初心者に向いていると言えるでしょう。

FXが初心者に向いている理由④ 始める為の資金が少なくて済む

これから投資を始めようという方にとって、「投資をするのに、いくら必要か?」というのは重要なポイントです。

株の場合は、投資する企業の株価にもよりますが、一般的には数万円から、ものによっては数百万円も必要な場合があります。

一方、FXにはレバレッジという仕組みがあり、元手の金額よりも大きな金額で取引することができます。そのため、数千円から数万円で始めることが可能なのです。

レバレッジとはFX会社に元手のお金を預けることで、国内のFX会社であれば、元手に対して最大25倍もの金額で取引を可能にする仕組みのことです。

株にも「信用取引」という似たような仕組みがありますが、それでも一般的には、元手の最大3.3倍ほどの取引しか出来ません。

このような理由から、これから投資を始める方にとっては、初期費用としての資金を抑えることのできるFXの方が始めやすいと言えます。

まとめ

どうでしたか?FXと株の違い、そして、なぜFXの方が初心者に向いているのか理解できたでしょうか?

投資対象の少なさや、初期費用の少なさなどから、やはりFXの方が、これから投資を始めようという方にはオススメといえます。

しかし、FXの場合も、「どの通貨で取引するか」「いつ買うか、売るか」といった判断の連続になりますし、その判断を正確にしていくためにも、継続して勉強していく必要があります。

「そんな判断は無理!」「勉強する時間なんて割けない!」という方は、

FX自動売買システムという手段もありますので、検討してみてください。

・FXの方が、投資する対象も少なく、勉強範囲も狭くて済む

・FXの方が取引時間が長く、お仕事をしながら投資を始めるのにオススメ

・FXの方が投資を始める資金が少なくて済む

コメント

タイトルとURLをコピーしました