SNSフォロー
psytechlaboをフォローする

意外と知らないAbookとBbookの違い

FX

A-bookって聞いたことがありますか?

FX初心者からしたら「?」な事間違いなしです。筆者もそうでした。本??と。

なので今回は

  • 「FXのA-bookとB-bookってなにが違うの?」
  • 「そもそも、A-bookとB-bookってなに?」

というテーマについて書いていきたいと思います。

A-bookとB-bookとは

A-bookとB-bookとは、FX業者の注文の処理方法の名称です。

注文処理には、NDD方式とDD方式という2つの方式があり、NDD方式をA-book、DD方式をB-bookといいます。

このNDD方式、DD方式については、後ほど詳しく説明しますね。

外見的な違いがないため、トレーダー側からすると、あまり意識をする機会はないかもしれません。

しかし、取引の手法によっては利益に大きく関係してくるので、利用しているFX業者がどちらの注文処理形態かを理解しておきましょう。

A-bookの特徴

A-bookは、NDD方式のことを指します。

NDD方式とは、「No Dealing Desk(ノー ディーリング デスク)の略です。

ディーラーを通さずに、注文を取引する市場に出します。

つまり、注文をしたら、間に人や業者が入らずにそのまま市場に注文が出るということです。

NDD方式では、トレーダーの注文がそのまま市場に流されるので、確実にトレーダーの注文が市場に通ります。

確実に注文が通っているかどうかや、注文が市場に出るまでに細工をされないかな…?などと心配しているトレーダーは多いものです。

その点、A-bookは、そんな心配をする必要がありません。

A-bookのFXブローカーは、経営破綻のリスクが非常に低いのが特徴です。

トレーダーの注文を仲介する取引手数料だけで商売をしているので、為替の大暴落、大暴騰に経営状態を左右されないからです。

トレーダーにとってFXブローカーの経営破綻リスクが低い点は大きなメリットと言えるでしょう。

B-bookの特徴

B-bookは、DD方式のことを指します。

DD方式とは、「Dealing Desk」の略で、トレーダーと取引をする市場の間にディーラーが入ります。

つまり、トレーダーが注文を行うと、その注文をディーラーが受け取ってから市場に流します。実際に注文をするのは、ディーラーということです。

NDD方式と違い、DD方式はトレーダーの行った注文が確実に市場に流れているか確認する方法はありません。

そのため、トレーダーから注文を受け取ったディーラーが市場に注文を流さないこともあり得ます。

トレーダーがお金を掛けて注文しても、ディーラーがそのお金を市場に流さなければ、トレーダーが損をしてディーラーが儲かってしまうのです。

そんなことあるの?!と思うかもしれませんが、実際にある話なのです。

A-bookとB-book、どちらがいいの?

初心者がトレードを始める際は、B-bookの方が良いと言われていることもあります。

それは、B-bookでは少額から取引を始められるからです。

ただ、B-bookは確実に注文が市場に流れるとは言えないため、不安な方も多いと思います。

A-bookであれば、トレーダーの注文が直接市場に流れるため、注文をした後に無駄な心配をする必要はありません。

そのため、初心者の方は、A-bookで取引をすることをお勧めします。

いかがでしたか?今回は、FXのA-bookとB-bookの違いについてご紹介しました。

B-bookには少額から取引を始められるというメリットもありますが、初心者さんは安全面を十分に考慮して、A-bookのFX業者を選ぶようにしましょう。

FX業者を選ぶには様々なコツが必要です。

初期費用や、失敗したときのリスクなど、たくさんの要因が考えられるので、総合的な判断が必要になるのです。

まとめ

・A-bookとB-bookの違いは、注文処理の方式の違い

・A-bookは、そのまま注文が市場に流れるので確実に注文が通る

・B-bookは、ディーラーが入るので不透明な部分が出てくる

コメント

タイトルとURLをコピーしました