SNSフォロー
psytechlaboをフォローする

FX初心者が心配する借金のリスク

FX

FXを始めようと思う方で、心配する点が、借金をしないか?という点だと思います。

「FXで借金?!初心者が絶対知っておきたいFXのリスクとは?」

「FXを始めたいけど、借金することもあるって聞いて不安・・・」

「FXって元本割れするの?」

なんて思う方は多いかと思います。

結論からお話しすると、FXで借金はします。

ただ、それらには理由があり、

FXで借金をしてしまう理由、そして、それを防ぐ方法がしっかり理解することで借金のリスクは避けられます。

FXって本当に借金することがあるの?

「FXで大損した!」「元の資金以上に損失が出てしまった!」

FXをしている人なら、こんな話を一度は耳にしたことがあるでしょう。

本当にFXで借金を背負うようなことがあるのでしょうか?

結論から言うと、借金を背負う可能性はあります。

借金を背負ってしまう原因には、次のようなものが考えられます。

・相場が急変し、強制ロスカットが間に合わない

・感情的になり、リスクの高い取引を繰り返す

FXで借金を背負うケース① 相場が急変し、強制ロスカットが間に合わない

FXでは、ある通貨を持っていて、その通貨を交換すると損失が生まれてしまうような為替相場であっても、実際に交換するまでは損失が確定しません。

このような確定していない損失のことを「含み損」といいます。

強制ロスカットとは、この含み損が、FX会社に預けているお金の金額に対して一定の割合で生まれてしまった時に、強制的にFX会社が損失を確定してしまうことを言います。

例えば、100万円をFX会社に預けている場合、含み損が80万円になった時点でFX会社が強制的に通貨の交換を行い、80万円の損失を確定してしまうのです。

大きな損失であることに違いはありませんが、20万円だけは手元に残り、借金を背負うような事態は避けられますね。

これは、損失の金額がFX会社に預けているお金の金額を上回らないように、FX会社が行う救済措置の一つです。

このように、そもそもFXには取引を行う人のお金を守り、借金を背負わないようにするための仕組みが存在します。

取引における、命綱のようなものです。

しかし、世界的な大事件が起きたときなどは相場が大きく動き、FX会社のシステムに大きな負荷がかかることで、強制ロスカットが間に合わないことがあります。

先ほどの例でいうと、本当なら80万円の含み損の時点で損失を確定しなくてはいけないのに、120万円まで含み損が膨らんでしまった時点で、強制ロスカットが行われてしまうようなことがあるのです。

そうすると、損失が預けていたお金を20万円も上回ってしまい、FX会社に対して借金を背負うことになります。

これがFXで借金を背負ってしまう代表的なケースの一つです。

FXで借金を背負うケース② 感情的になり、リスクの高い取引を繰り返す

実際にFXで取引を行うと実感することになりますが、損失が大きくなると、悔しくて

夜も眠れないことがあります。

自分の大事なお金が失われるということは、思っている以上にストレスですし、

思うように動かない相場に対して、怒りをぶちまけたくなるようなこともあります。

そんな感情に任せて、相場をしっかり見ることなく取引を繰り返せば、結果は明らかですね。

損失は増々膨らみ、FX会社に預けていたお金はあっという間に無くなってしまいます。

そこでやめることができれば、まだいいのですが、生活に必要なお金に手を出し、最終的には借金をしてまで取引を繰り返す人もいるんです。

ロスカットなど、借金を防ぐ仕組みがあるにも関わらず、借金を背負ってしまったという人の話が尽きないのは、こういった無謀な取引を繰り返す人が、たくさんいるからなんですね。

テロップ:どうすれば借金を背負わないようにできるのか?

では、FXで借金を背負わず、取引を安全に行うにはどうすればいいのでしょうか?

まずは、含み損が大きくなった場合、強制ロスカットが間に合わないような事態をさけるために、もっと早い段階で自分自身で損失を確定させましょう。

これは「損切り」といって、余計な損失を増やさないようにするために、必須の技術となります。

また、損失が膨らんでしまった時や、取引が上手くいかないときは、悔しい感情に任せて無謀な取引を繰り返すのではなく、一度取引自体から離れるのも一つの手です。

熱くなってしまった気持ちを一度冷まして、冷静な気持ちで相場を見ることが出来るようになってから、取引を再開しましょう。

どうでしたか?FXで借金をしてしまう理由、そして、それを防ぐ方法について理解できたでしょうか?

FXで借金を背負ってしまう可能性は確かにありますが、それを防ぐための強制ロスカットという仕組みもありますし、感情に任せた無謀な取引を行わなければ、滅多に起きる事ではありません。

ただ、そうは言っても人間は感情の生き物です。特に初心者のうちは「負けっぱなしでは終われない」と無謀な取引を行ってしまうことも多いでしょう。

なかなか感情を抑える事でFXの借金リスクを抑えることが出来ますので、感情のコントロールも大事です。

まとめ

・FXで借金を背負う可能性はある

・相場が急変した時や、含み損が膨らんでいる時は要注意!

・強制ロスカットになる前に損切りをしよう!

・感情的になってしまいそうなときは、一度取引から離れてみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました