SNSフォロー
psytechlaboをフォローする

よく聞くロスカットって何?FX初心者の疑問

FX

FXを始めてみたいけど

「FXのロスカットってなに?」

「FXのロスカットってなに?」

「どうすれば回避できるの?」

って疑問に思う方も多いかと思います。

FXのロスカットについてしっかり理解することで、FXでの勝率がぐんと上がってきます。

ぜひ勉強していきましょう

ロスカットとは

FXに興味がある人なら、ロスカットという言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。

あなたは、「ロスカット」という言葉に対して、何か悪いイメージを持っていませんか?

実は、それは大きな誤解です。

ロスカットは、トレーダーを守るために作られたルールなのです。

ロスカットとは、自分の意思とは関係なく、FX業者側でポジションを強制的に決済してしまう仕組みのことです。ポジションとは、通貨を買っている状態、あるいは売っている状態を指します。

相場の予想と反して損失が大きくなってしまうと、ある条件でロスカットが行われ、損失が確定します。

このある条件というのは、証拠金維持率が大きく関わってきます。証拠金維持率については、次で詳しく説明しますね。

ロスカットが行われることで、トレーダーは資金を全て失うことは避けられます。

トレーダーが資金を全額一気に無くしてしまわないように、ロスカットというルールが設けられているのです。

しかし、急激な相場の変動があった場合はロスカット時に口座にある資金以上の損失が発生する可能性もあります。

常にロスカットをしないように取引をしていくことが重要になってきますね。

ロスカットに深く関係する証拠金維持率

FXでは、FX用の口座に自分のお金を入金して取引をします。

この口座に入金して取引に使うお金を証拠金といいます。

証拠金維持率とは、取引をするときに必要なお金に対して、口座に入っている証拠金の割合を表したものです。

口座に残っている残高÷取引をするときに必要なお金×100%で計算できます。

ロスカットが行われる条件は、この証拠金維持率が深く関係しています。

50%でロスカットされてしまう業者や、100%でロスカットされてしまう業者など、証拠金維持率によるロスカットの基準はFX業者によって様々です。

そのため、取引をするときには、自分の利用しているFX業者のロスカット基準をしっかりと確認し、証拠金維持率が基準以下にならないように注意しながら行いましょう。

基本的には、初心者のうちはロスカットの基準が高い方が安全です。

証拠金維持率が高ければ高いほど、口座に残る資金は多くなるからです。

中級者レベルになってくると、証拠金維持率が低くなっても適切な判断ができるはずなので、ロスカット基準は低くても大丈夫でしょう。

ロスカットを回避するには

ロスカットを回避する方法は、大きく2つあります。

まずは、口座に追加の資金を入れること。

そうすることで、口座残高に余裕ができ、証拠金維持率が上昇します。

しかし、口座残高を増やしただけでは根本的な問題の解決にはなっていません。

資金を増やしたからといって、相場が逆転するまで資金が持つとは限らないからです。

そのため、この方法はあまりおすすめしません。

持っているポジションの一部を自分で決済することでも、ロスカットの回避ができます。

持っているポジションで利益が出ている場合は、取引に利用したお金にプラスした利益が口座に返ってくるので証拠金維持率が上昇します。

損失が出ている場合でも、これ以上の損失を出さないためにポジションを決済することは必要です。

追加資金を入れて粘るのではなく、取引を始める時点でロスカットが行われないように取引を進めていくことが大切です。

口座に入っている資金を目一杯使って取引をするのではなく、余裕を持った取引をするようにしましょう。

まとめ

今回は、FXの「ロスカット」について解説しました。

ロスカットについて理解しておくことで、取引がスムーズに行えるでしょう。

基本的には、ロスカットが行われないように、ご自身で証拠金維持率を計算しながら取引を行うことが望ましいです。

「そんなこと言われても、証拠金維持率の計算なんて面倒でやってられない!」という方には、トレーダー監視型のFX自動売買システムがおすすめです。

トレーダーがあなたの代わりに24時間監視で取引をしてくれるので、あなたがやることは、元手となる証拠金を用意することだけです。

・ロスカットとは、FX業者がポジションを強制的に決済してしまうことである

・ロスカットは、トレーダーを守るためのルールである

・ロスカットを回避するには、証拠金維持率を確認しながらトレードを行うこと

コメント

タイトルとURLをコピーしました