SNSフォロー
psytechlaboをフォローする

FX初心者が悩む税金の話

FX

これから投資を始めてみたい!と思っても稼げても税金の問題はちょっと心配ですよね

「FXの税金と確定申告」

「FXで稼いだら税金ってどうなるの?」

「FXに確定申告って必要なの?」

という方のために詳しくFXと税金について説明していきます。

FXの税金の仕組みがしっかり理解することで、無駄なお金や税金で失敗しないようになりますよ

それでは、早速本題に入っていきましょう。

FXと税金

FXで利益が出たら、給与所得のように税金を支払う必要があるのでしょうか?

答えはもちろん「YES」です。

支払わなければ脱税になりますし、税務署も取引記録をしっかり見張っています。

ちゃんと支払うようにしましょうね。

では、FXの税金はどのように計算され、どうすれば支払うことが出来るのでしょうか?

会社勤めをされている方なら、そういったややこしいことは、ほとんど会社がやってくれるので、あまり悩む必要もなかったと思います。

でも、FXで得た利益の場合は、自分で支払うべき税金の金額を計算して「確定」させ、税務署に「申告」しなくてはいけません。

これを「確定申告」といいます。

確定申告の流れ

では、どうすれば確定申告を行えるのでしょうか。

FX取引の確定申告の流れは次のとおりです。

  • 1年間の利益と損失の確認
  • 所得額の確認
  • 確定申告書の作成

それぞれ解説していきますね。

確定申告の流れ① 1年間の利益と損失の確認

まずは、1年間の利益と損失を確認しましょう。確定申告をする年の1月1日から12月31日までの期間に、いくら利益を得ていくら損をしたのかを確かめるために、「年間損益報告書」をFX会社のサイトなどからダウンロードします。

この年間損益報告書は、税務署に提出が必要なものでもあるので、きちんと保管しておきましょうね。

確定申告の流れ② 所得額の確認

次に、FXで得た利益から「所得」を計算します。

「所得」とはFXで得た利益から、取引にかかった経費を差し引いたもののことです。

FXの場合、売買の際に発生した手数料や、FX会社にお金を入金するのに必要な振込手数料などの他に、勉強のために買った書籍やネット回線の費用なども、必要経費として計上できる場合があります。

例えば、1年間のFX取引で、100万円の利益を得たとします。

その間、手数料や、FXの勉強をするために本を買ったりしたお金が全部で10万円かかったとすると、所得は90万円になります。

なぜ所得の計算が必要かというと、税金の計算をするときに、FXで得た全体の「利益」ではなく、この「所得」から割り出す事になるからなんです。

国内FX会社で得た利益に対する税率は20.315%と定められています。

先ほどの例で言えば、「所得」の90万円から割り出しますので、支払うべき税金は「18万2835円」となります。

できるだけ経費を計上し、所得の額を抑えることが出来れば、支払う税金も少なくなるということですね。

もちろん、使ってもいない経費を計上することは法律違反です。

経費として必要だったことを証明するために、領収書が必要になるので、こちらもしっかりと保管しておきましょう。

確定申告の流れ③ 確定申告書の作成

確定申告に必要な書面は、国税庁のホームページからダウンロード出来ます。

さらに、国税庁のホームページには「確定申告書作成コーナー」というものがあり、ガイダンスに従うことで、申告書の記入を助けてもらうことが出来ます。

使えるものは、どんどん使っていきましょうね。

申請書が手に入ったら、今度はそこに一年の経費など、必要な項目を記入していくのですが、これもなかなか面倒な作業なので、可能であれば会計ソフトなどを使うのがオススメです。

あとは、年間損益報告書とともに、作成した確定申告書を税務署に提出するだけです。

まとめ

どうでしたか?FXの税金の仕組みと確定申告の流れについて理解できたでしょうか?

難しそうな確定申告ですが、最近は使いやすい会計ソフトなどが出てきたことで、そこまで大変なものではなくなってきましたが、これからFXを始める初心者さんは、「税金や確定申告については分かったけど、まず利益を出さなきゃ意味ないでしょ!」と思うことでしょう。

しっかりと利益を出して、税金もしっかりと払いましょう!

・FXの利益にも税金はかかってくる

・確定申告もしっかりと行う必要がある

・国税庁の「確定申告書作成コーナー」や会計ソフトなど、使えるものはどんどん使う

コメント

タイトルとURLをコピーしました