SNSフォロー
psytechlaboをフォローする

投資初心者が悩むFXの最低資金はいくら?

FX

これから投資を始めたいけど、どのくらい必要か知っていますか?

どのくらいの費用が必要であるかを把握するのも投資の大事な一歩です。

「FXを始めるには最低いくらの資金が必要なの?」

「少ない資金から始めても問題ない?」

という方のために詳しく解説していきますので、

FXを始める時に必要な資金の決め方がしっかり理解できますよ。

FX会社によって違う最低必要資金

FXに必要な最低資金は、登録するFX会社によって異なります。

日本国内のFX会社であれば、なんと最低5円から取引が可能です。

有名なFX会社では、4500円から取引可能なところもあれば、45000円から取引可能なところもあります。

そのため、自分の準備できる資金をベースにFX会社を選ぶ必要があります。

5円からでも取引ができるのは、初心者の方にとっては魅力的ですよね。

しかし、必要な最低資金が少なければ良いというものでもありません。

FXには、ロスカットという、損失が大きくなると強制的な決済が行われるシステムがあるため、ある程度の資金が必要なのです。

取引をするための資金と、ロスカットのリスクを減らすための資金が必要になるので5円から取引をすることはおすすめしません。

後ほど、初心者はいくらからFXを始めたら良いかを解説しますので、是非最後までご覧ください。

数千円からでも始められる?

FXには、レバレッジという仕組みがあり、国内のFX会社であれば、元手の最大25倍までの資金で取引をすることができます。つまり、5000円の資金でも12万5000円分まで取引が可能ということです。

そのため、数千円の資金でも取引自体は可能です。

しかし、数千円の資金で取引を始めることはおすすめしません。

FXで多くの利益を出すためには、必要な最低資金とは別に、大幅な相場変動に耐えるための資金が必要です。

前の章でも説明したように、FXにはロスカットというシステムがあり、損失がある程度まで膨らむと強制的に決済されてしまいます。

相場が予想と反対に動いても、相場が元に戻るまで耐えることができれば損失を減らすことが可能です。

そのため、取引をする資金とは別にロスカットに耐えるための資金が必要になるのです。

数千円でも取引をする資金とロスカットに耐える資金に分けることができますが、その分取引をする資金が少なくなってしまうため、利益が出ても少なくなってしまいます。

ある程度、余裕のある資金で取引を行うようにしましょう。

稼ぐためには最低5万円が必要

初心者のうちは、1万円からはじめて相場の動きを知ったり、FXの仕組みを理解することをおすすめします。

資金が少ないうちは、利益も少ないですがその分損失も抑えることができるので、経験を積むことに集中することができます。

最初から大きなお金を投資しても、安定的に利益を出すことは難しいのが現状です。

少ない資金からコツコツと経験を積み、ある程度経験が積めたら資金を増やすことで、リスクを抑えて取引することができるのです。

FXの取引に少し慣れてきたら、最低でも5万円、資金に余裕のある方は10万円ほど用意しましょう。

これなら、レバレッジを効かせて利益を出すこともできますし、ある程度の余裕があるためロスカットのリスクも抑えることができます。

5万円あれば、レバレッジを効かせて125万円分の取引をすることができます。

10万円であれば250万円分です。

取引をする金額が大きくなると、その分利益が大きくなりますが、損失が大きくなるリスクもあるため、適切な資金とレバレッジで取引をしましょう。

まとめ

今回は、FXを始めるにあたって必要な最低資金の決め方をご紹介しました。

初心者のうちは、最初の資金は勉強代だと思って取引をしましょう。

最初に用意する1万円は、利益を出すための1万円ではなく、取引について学ぶための1万円です。

そして、ある程度、取引の流れを理解したら、次は5万円、10万円といった金額でトライしてみましょう。

もちろん、FXで利益を出すためには、継続的な勉強が欠かせません。また、リスク管理や、相場の動きの分析など、覚えることがたくさんあります。

「リスク管理とか分析とか難しいことは覚えられないよ!」

というかたはツールを使ってみるのも一つの手かもしれません。

・数千円からでも取引はできる

・まずは取引の流れをつかむために1万円を投資する

・慣れてきたら5万円~10万円ほどの資金を用意する

コメント

タイトルとURLをコピーしました