SNSフォロー
psytechlaboをフォローする

FXでは○○は危険!トレードに悪影響を及ぼす心理

FX

FX投資において一番大切なことはなにか知っていますか?

お金・戦略・忍耐力?

意外と見落としがちな心理状態です。

心理状態によって勝敗を左右しているといっても過言ではありません。

しかもその心理状態は自分では把握できず、無意識に行っている事が多くあります。

「え、私、無意識に何かやってるのかな?!」

「僕のトレードの方法って危険なの?」

と思ったかた

FXでトレードを行っていると、知らず知らずのうちに、損失に繋がるような心理に陥ってしまっているか自分にあてはめながら記事を読んでみてください。

FXのトレードに悪影響を及ぼす心理とは?

FXのトレードに悪影響を及ぼす心理とは、どんな状態のことを指すのでしょうか。

トレードに悪影響を及ぼす心理の例は、次のようなものです。

  • 得よりも損することを恐れる「プロスペクト理論」
  • 判断を正しいと思い込んでしまう「認知的不協和」
  • 経験に基づいて判断してしまう「ヒューリスティック」

なんだか聞きなれない言葉が並びますが、それぞれ解説していきますので安心してくださいね。

トレードに悪影響を及ぼす心理①「プロスペクト理論」

プロスペクト理論とは、大まかに言うと「人は利益を得る事よりも、損失を恐れる傾向にある」ということを理論化したものです。

実際のトレードで説明してみますね。

まず、1ドル100円の相場の時に10,000円分のドルを購入し、100ドルを手に入れます。

その後、相場が1ドル105円に変動しました。

ここでドルを交換すれば10,500円になり、500円の利益が生まれますが、実際に交換するまでは利益は確定しません。

この時、もう少し待てば1ドル110円になり、さらに利益が増える可能性が高い場合でも、「また1ドル100円に戻ると、せっかく手に入るはずだった500円の利益を失ってしまう」という不安が勝り、早々に交換を行って利益を確定してしまった。

これがプロスペクト理論、つまり「利益を得る事より、失うことの方を恐れて」トレードを行ったケースです。

トレードで利益の出ない状況が続いている時は、自分がこの理論のように、損失を恐れすぎて利益を逃すような判断を繰り返していないか、注意してみましょう。

トレードに悪影響を及ぼす心理② 「認知的不協和」

認知的不協和とは、自分の考えと行動が一致しない場合に感じる不快感を解消するため、考えの方を行動に合わせて変えてしまうことを言います。

例えば、「ダイエットするべき」と考えているのに、「つい食べすぎてしまう」という行動を取ってしまう場合、「今まで頑張ったご褒美」「明日からまた頑張ればいい」と考えを変えて、自分を納得させてしまった、という経験はありませんか?

これが認知的不協和、つまり「行動に合わせて考えを変えてしまう」ということです。

FXにおいては、取引がうまくいっていないとき、「損切りが大切」だとわかっているのに、特に根拠もなく、「相場が元に戻りそう」だと自分を納得させ、損切りを先送りにしてしまう、といったケースが当てはまります。

もちろん、常に変化する相場において、柔軟に判断することは大切ですが、その判断が元々の考えに沿ったものでない場合、認知的不協和に陥っていないか注意することが大切です。

トレードに悪影響を及ぼす心理③「ヒューリスティック」

ヒューリスティックとは、何かを判断するときに、自身の経験や先入観から答えを導き出すことを言います。

例えば、相場が1ドル100円の時にドルを買い、1ドル105円の時に売ることで利益が出るトレードが、何度か続いたとします。

ある日、同じように今度も勝てるだろうと、1ドル100円になった時点でドルを買うと、相場が急変して、1ドル90円まで変動してしまいました。

元の1ドル100円には当分戻りそうもなく、結局、大きな損失になってしまったのです。

この時、実はアメリカで大きなニュースが発表されていて、それをしっかり見ていれば、相場が急変することを予め察知し、トレードを控えることが出来たのです。

これがヒューリスティック、つまり経験則による失敗の一例です。

「今まで勝っていたから」という経験だけで判断してしまい、失敗してしまったんですね。

FXでは、トレードごとに色々な情報に基づいて判断をしていく方が、勝率が高まります。

まとめ

どうでしたか?FXのトレードに悪影響を及ぼす心理について理解出来たでしょうか。

初心者のうちは、自分の心理状態を把握しきれないままトレードに臨み、損失を出してしまいがちです。

もし、自分のトレードが上手くいかない場合は、今回解説したような心理状態に陥っていないか、客観的に自分を見つめなおすことが大切です。

・人は利益を得る事よりも損失を恐れる傾向にある

・自分の判断を根拠なく正当化している時は要注意

・トレードは色々な情報に基づき判断する

コメント

タイトルとURLをコピーしました